「筋トレをする」を英語で?【trainingではなくwork out】

work out 「トレーニングする」

  • 例:I’m going to work out tonight. 「今晩ジムに行く予定だ」
  • I’m trainingとは言いません。
    I’m doing weight trainingは可ですが、I’m working outのほうがより自然です。

go to the gym 「ジムに行く」

  • 例:I’m going to the gym with him. 「彼とジムに行く予定だ」

hit the gym 「ジムに行く」

  • hitには「~を打つ」という意味だけでなく、「~をする、~に行く」という意味もあります。→hit the bar「バーに行く」
  • 例:Let’s go hit the gym! 「ジムに行こう!」

pump some iron 「トレーニングする」

  • 直訳:鉄を上に挙げる → トレーニングする。
    ジムオタクの人しか言わない表現です笑
  • 例:Let’s pump some iron! 「トレーニングしよう!」

ネイティブが多用する「Hopefully」どう使う?【I hopeと同じ】

辞書によっては「希望を抱いて」と載っていて「???」となった人がいるかもしれませんが、ネイティブはこう使います

Hopefully 「〜だといいな」

  • 例:Hopefully, we can meet soon.(=I hope we can meet soon.)「近々会えるといいな」
  • 例文のように文頭に用います
  • Hopefully=I hope と考えて良いです

「朝型」「夜型」を英語で?【鳥で表現】

early bird 「早起きの人、朝型の人」 🐤

  • 例:The early bird catches the worm.「早起きの鳥は虫を捕まえる(=早起きは三文の徳)」
  • 例:He always goes to the gym in the morning. He’s such an early bird. 「彼はいつも朝にジムに行っている。本当に朝型だよね」

night owl 「夜更かしの人、夜型の人」 🦉

  • 例:Since I’m a night owl, I always sleep late. 「私は夜型なので、いつも遅くに寝る」
  • owlの発音はオウルではなくアウル(ául)なので注意

「ニート」は英語で?【NEETよりbum】

bum /bˈʌm/ 「ニート」

  • ホームレスを指す場合もあります
  • 例:I used to be a bum before. 「私は以前ニートだった」

Unemployed /`ʌnɪmplˈɔɪd/ 「無職の」

  • 例:I am unemployed for a long time. 「私は長い間無職だ」
  • ちなみに、ニート(NEET)は和製英語ではありませんが、英語圏ではあまり通じません
  • 以前、He’s NEET.と言ってみたところ、相手にはHe’s neat(彼は身なりなどがきちんとしている)と捉えられてしまいました。全然意味が違うので、注意が必要です

「conceited」はどういう意味?【ナルシスト】

conceited /kənˈsiːtɪd/「うぬぼれている、ナルシストである」

  • ネガティブな文脈で使います
  • 例:She always check herself in the mirror. She’s so conceited.
    「彼女はいつも鏡で自分をチェックしている。ナルシストだね。」

この表現も一緒に覚えましょう!

be full of oneself「うぬぼれている、ナルシストである」

  • 例:He is full of himself.「彼はうぬぼれている」